次世代電池の本命、ペロブスカイト型太陽電池

ペロブスカイト型太陽電池とは、日本で開発された太陽光を用いる太陽発電を主とする電池だ。この電池は日本で製造されたものであり、安価に製造でき薄く曲げることが出来るため、ドームや車への設置が期待されている。

現在、ペロブスカイト太陽電池は知名度をそれほど多く集められてはいないが、その発電方式や効率度はこの先世界的に有名になるであろうと期待されているのだ。本記事ではこの電池が持つ3つの主要な長点を考察していきたいと思う。

1つは低コストで製造できるという点だ。ペロブスカイトは基盤に材料を塗るだけで製造できるため、大規模な工場の装置を使用せずとも生産することができる。従って、原材料や生産コストを含めてもシリコン型太陽電池と比較して半分の値段で製造することができるのだ。

2つ目は薄く曲げることができるという点だ。シリコン型太陽電池の場合、設置できる場所の条件が限られているが、ペロブスカイト型太陽電池の場合は柔らかいフィルムを使って製造されるので、非常に柔軟性がある。

3つ目は、発電率の高さである。現在日本における最新鋭のシリコン型太陽電池は25パーセントであるが、ペロブスカイト型太陽電池程の柔軟性はなく、そこが課題とされていた。しかし、ペロブスカイトの発電率は20パーセントを突破し、様々な用途が推測されているのだ。

この3つのペロブスカイト太陽電池が持つ特徴は、この先のエネルギー発電をを飛躍的に進歩させるものであり、我々人間の生活を向上させる潜在能力を秘めている。





CONTACT US

お問い合わせ