観葉植物のレイアウトを簡単にシュミレーション!ARを活用したスマホアプリに注目

観葉植物のレイアウトをARで簡単にシュミレーション出来るアプリ「Plant Life Balance(プラント・ライフ・バランス)」が登場した。

「Plant Life Balance」は、オーストラリアの園芸産業に特化した研究機関「Hort Innovation」により生まれたもので、現在は、iOS版アプリおよびAndroidアプリとしてリリースされている。

このアプリの使用方法は極めて簡単。スマートフォンで観葉植物を設置したい空間を撮影し、90種類以上の観葉植物から気に入ったものをスマートフォンの画面上にドラッグアンドドロップする。すると、その植物を置いた様子がシミュレーションでき、室内の空気環境がどれくらい改善するかをチェックすることが可能だ。

現在加速している、ARを活用したアプリ。例えば、スウェーデン発の家具量販店イケア(IKEA)が2017年9月にARを導入した、家具の設置シミュレーションが出来るスマホアプリ「IKEA Place」等が話題だ。

ECで買い物する際に問題となる商品のサイズ。ARによって、解決できることが沢山ありそうだ。





CONTACT US

お問い合わせ