コメ兵が、プロの鑑定付きブランド品フリマアプリ「KANTE(カンテ)」をスタート

日本最大級のリユースデパートを展開するコメ兵が、鑑定付きのブランド品フリマアプリ「KANTE(カンテ)」の提供を11月7日より開始した。

ブランド品に特化したフリマアプリは既に存在するが、年間140万点以上の商品を査定する同社のノウハウを活かした鑑定付きのサービスを提供することで差別化を図っている。

KANTE(カンテ)」は、宝石・時計・ブランドバッグを始めとするブランド品に特化したフリマアプリで、購入した商品が届く前にコメ兵による真贋判定を受けられるのが特徴だ。近年普及しているC2Cアプリは、消費者同士がダイレクトにやり取りが出来るために、どうしても偽物も流通してしまう。しかし、この「KANTE(カンテ)」であれば、そういった心配はなさそうだ。

なお、真贋判定を受けられる「KOMEHYOカンテイ」は、商品を購入する際に利用の有無を消費者自身が選択できる。利用しない場合は数%ほど安く購入することができるが、出品の段階ではコメ兵による査定は一切行われていないため、偽造品を購入してしまうリスクがあり、保証の対象外となる。

販売手数料は5万円未満15%、5万円から10万円未満で12%、10万円以上で10%でと販売価格に応じて変動する仕組みとなっており、一般的なフリマアプリよりも割高となるが、安心して売買できる点が魅力的だろう。






CONTACT US

お問い合わせ