スタートトゥデイ、プライベートブランドを年内にスタート

スタートトゥデイが、、2018年3月期第2四半期の決算説明会において、プライベートブランドを年内にスタートすることを発表した。

展開するアイテムの特徴は「科学やテクノロジーで実現する究極のフィット感」。 代表取締役社長の前澤氏は、この「究極のフィット感」を実現するため、今までアパレルブランドが使用することがなかったある機械を使用すると語るが、その具体的な内容は詳しく明かされていない。

新たに展開するプライベートブランドは、国内で年内にローンチするほか、海外展開に関してもアメリカとドイツを皮切りに来春より順次スタートする予定だ。アメリカとドイツには現地法人を設立済みだという。

「ZOZOTOWNで扱う他ブランドと競合しないか?」という疑問に対しては、「(販売データを活用して)売れているものをそのままコピーして売るような事はしない」「デザインや価格面で競合しないようにする」という旨を語っていた。

年内にスタートするプライベートブランド。 ZOZOTOWNに続く第二の収益の柱を目指し、数年内にZOZOTOWNの事業規模を超える意気込みだ。





CONTACT US

お問い合わせ