進むアパレルのクラウド化。「レント・ザ・ランウェイ」が新たなレンタルプランを開始

ラグジュアリーブランドのドレスなどをオンラインや実店舗でレンタルできるサービスを展開する「レント・ザ・ランウェイ(Rent The Runway)」が新たなレンタルプランを打ち出した。昨年、無制限でレンタルできるプランン「RTRアンリミテッド(RTR Unlimited)」をスタートしたが、今回は更に安価なプラン「RTRアップデート(RTR Update)」を発表した。

RTRアップデートは200を超えるブランドから毎月4アイテムをレンタルできる。マス市場に向けた月額89ドルのプランには送料や返品時の送料の他、クリーニングや保険等の費用も含んでいる。「RTRアンリミテッド(RTR Unlimited)」と異なるのは、レンタル対象品に高級ブランドのフォーマルなドレスやガウンは含まれていないこと、レンタルできる洋服の点数が限られているという点だ。

会員数は800万人以上、実店舗はニューヨークやロサンゼルスなど5ヵ所で展開している「レント・ザ・ランウェイ」。

レント・ザ・ランウェイの共同創業者でCEOのジェニファー・ハイマン氏は「私たちレント・ザ・ランウェイでは将来的に(アパレルはすべてレンタルとなるため)クローゼットは存在しなくなると思っています」と語っている。

私達が服を持たず、全てレンタル・シェアをする時代が来るのだろうか。



Rent The Runway

https://www.renttherunway.com





CONTACT US

お問い合わせ