ARを応用した画像コミュニケーションアプリ「mirage」


ARを応用することで、現実空間とデジタル空間を融合させ、人と人との新しいコミュニケーションのを生み出そうというスマホアプリ「mirage(ミラージュ)」が開発された。

「mirage」は現実に存在する物体を撮影し、メッセージを添えることで現実空間に隠れメッセージを残すことの出来るアプリだ。

使い方はまずアプリを立ち上げ、街に存在する物体を撮影、その後撮影した画像にメッセージやジフ動画等を入れ、「mirage」のプラットフォームに投稿する。

投稿された画像はオンラインマップで表示され、その近辺にいるユーザーだけが、「mirage」のアプリでその画像を閲覧できる。

投稿画像は基本的に24時間見ることが出来るが、人気の高い画像は公開時間を延長することも可能。

現実の空間にデジタルを活用したプラットフォームを組み込むことで新たな楽しみを見出すことが出来るかもしれない。

mirage

https://mirage.world





CONTACT US

お問い合わせ