米Apple、「声の聞き分け機能」の特許を出願

米Appleが声の聞き分け機能」の特許を出願し、音声アシスタント「Siri」に声の聞き分け機能を持たせようとしていることが明らかになった。先日公開されたアップルが出願した特許資料によると、Siriが今後、複数の人物を聞き分けて、人によって違った反応を返すようになるかもしれない段階まできているという。

今回の特許は「音声入力処理のためのユーザープロファイリング」と題されており、これは電子デバイスが音声入力を処理する上で、ユーザー別のプロファイルを作成するものとされている。個人の識別には声紋などの特徴が用いられている。

この特許が公に知られたのは8月14日のことだが、アップルが提出を行なったのは昨年のことであり、同社は既にもっと先進的なテクノロジーを完成させている可能性もあるのではないだろうか。

Appleによる資料には、「電子デバイスが生体情報(声紋など)に基づいて、個人を識別する。特定のユーザーを認識した場合、デバイスは個人の好みを理解し、それに沿ったデータのサブセットを用意する。サブセットにはユーザーに対応した単語やデータ、ユーザー自身がデバイスに保存したコンテンツなどが含まれる。また、ユーザーが利用する可能性が高い、アプリケーションに対応したワードが含まれる場合もある」と記載されており、Siriが特定の個人を認識した場合、そのユーザーの好みやテイストに合わせて対応を行うということだ。

このような新しい技術は常に人々を興奮させ、購買意欲を増進させる。次期アップデート、もしくは新型iPhoneへの搭載が期待される中、Appleはさらなる技術革新をもたらすのだろうか。





CONTACT US

お問い合わせ