仮想通貨採掘企業Bitmainが上場へ

仮想通貨のマイニング分野の最大手企業Bitmainが8月末に香港証券取引所に上場申請書類を提出する予定であることが明らかになった。同社は今後の3年で、企業価値300億ドルから400億ドルへの成長を見込んでいるという。

Bitmainは、現代のゴールドラッシュといえる仮想通貨の採掘ブームで、同社のツールはデジタル版つるはしの役割を果たした。そんなBitmainを創業したのは現在32歳のジハン・ウーだ。北京大学で経済学と心理学を学んだウーは、ビットコイン創始者のサトシ・ナカモトのホワイトペーパーを、英語から中国語に翻訳し、彼はニュースサイト「8BTC」を2011年に設立した。その後、ウーは2013年にマイニング機器の製造を始め、パートナーのマイクリー・ジャンとともにビットメインを設立した。マイニングに特化したチップ「ASIC」をジャンと共に開発し、この分野の覇権を握った。

同社の財務資料によると、ビットメインの2017年の売上は25億ドルであり、2018年第1四半期の利益は11億ドルに達している。同社のマイニング機器「Antminer」の市場シェアは85%に及ぶという。

というのも、中国の雲南省でマイニング企業を運営するWincent Hungは、ここ1年半の間、Antminerを使用している。「他社の製品を使おうとは思わない。なぜならビットメインの製品が最も優れているからだ」とHungは考えている。彼は1000台のAntminerを他社のホスティング向けに運用するほか、自身の採掘にも用いているという。





CONTACT US

お問い合わせ