iPhoneバッテリーを無償交換する方法

最近、Appleが発表した「iPhoneのバッテリー交換プログラム」が巷で話題になっているということをご存知だろうか。その条件として、2018年の12月末までiPhone本体の保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換でき、保証期間が過ぎている場合でも、iPhone 6以降のバッテリー交換費用を通常の8800円から3200円に値下げするというのだ。このお得さからApple Storeには交換を希望するユーザーが殺到し、機種によっては在庫切れや品薄の店舗も出ているようなのだ。

バッテリーの劣化はiPhone自体の動作劣化を招き、少し遅いと感じた方はすぐにでもバッテリーを変えたほうがいいだろう。しかし、AppleにiPhoneのバッテリー交換を依頼するにはどうすればいいのだろうか?という質問に本記事では答えて行きたいと思う。まず、Appleにバッテリー交換を依頼する方法は、iPhoneをサポートに送って交換してもらう「配送」と「店舗持ち込み」の2つである。これらはアプリ「Appleサポート」か、AppleサポートのWebページから詳細を確認でき流のでチェックしてみるのがいいだろう。配送はチャットや電話で申し込み、指定の配送業者に自宅で集荷してもらえる。一方持ち込み修理は、Apple Store店舗内のサポート窓口「Genius Bar」か、Appleと同等のサポートを受けられる正規サービスプロバイダーで依頼できる。しかしこれらの利用には事前の予約が必要で、Appleサポートのページで持ち込み修理を依頼すると、最寄りのApple Storeや電化製品店など修理の受け付けしている店舗の候補が表示されるので、自分が行きやすい場所を選択する。

上記の通り、バッテリー交換の方法は非常にシンプルであるため交換を希望する方は直ちに行うことができる。しっかりとバックアップをとってから交換を依頼することをお勧めする。





CONTACT US

お問い合わせ