VRで海外旅行が疑似体験できる「First Airline」とは?

今回ご紹介するのは、バーチャルリアリティ(VR)で、東京にいながら空の旅と海外を楽しめる「First Airline」。

First Airlineは、航空機内を模した空間に、実際にAirbusファーストクラスで使われていた座席が並ぶ。そこに座り、最先端のVRヘッドセットやモニターで海外旅行を疑似体験できる。

飛行機が離陸するときは、映像や音で臨場感を演出。また、独自メニューの“機内食”やドリンクも提供される。

行き先はパリ、ローマ、ニューヨーク、ハワイの4都市で、旅行時間はいずれも約110分。フライトは完全予約制で、ウェブサイトから予約や混み具合のチェックも可能だ。





CONTACT US

お問い合わせ