子どもでも簡単!アプリで作業できる3Dプリンター「Toybox」とは?


今、3Dプリンターは進化し続けている。一般家庭でも気軽に取り入れられるリーズナブルな価格の製品も増えてきた。 ここで今回紹介したいのは対象年齢が5歳以上の3Dプリンター「Toybox」だ。 この「Toybox」のコンセプトは「子どもでも扱える3Dプリンター」。

サイズはわずか188×188×230ミリメートル。重さは3キログラムと非常に軽量だ。また、全ての操作はアプリを通して行えるようになっている。

専用のクラウドには、子どもでも簡単にカスタマイズできる3Dモデルを500種類以上用意されている。 現在、「Toybox」は資金集め中だが、目標達成まであと僅かだという。なお。プレオーダー価格は249ドル。

このように3Dプリンターは今後益々一般家庭に導入されていくだろう。





Toybox

https://www.make.toys





CONTACT US

お問い合わせ